« ルームチューニング材導入の前に | トップページ | by ato with speedo »

2012年3月15日 (木)

あの夏~sign、ビードロ模様~音質等々

こんばんは、hayateです。

某所で少し話題になっていた、
あの夏で待っている主題歌に関して少々。

まず私の中での結論。
ボーカルは同じレベル。好みで別れるレベルです。

付け加えるなら、EDの方が音数が少ないので、
それらしく聞き易いということかなぁと思いました。

(EDは透明感がありますが、しゃがれた雰囲気も好きな人もいるので、
これはやはり好みかと。)

これを踏まえたうえで、お気に入りのOPを聞き比べてみました。

一番はやはりTAD-D600+AVALON DIAMONDで、これを聞いたときに、
ああ、こういう世界を意図したかったのかな?という感覚になりました。

D600hayate2

◆OP聞き比べ

まず、ARACAM rDAC+ガルネリメメント(非WASAPI)では、

◆OP聞き比べ

まず、ARACAM rDAC+ガルネリメメント(非WASAPI)では、出だしの
シンセ等が煩わしく、ボーカルとピアノだけになるのを待つ聴き方でした。
ボーカルとピアノは喧嘩してうまく両立せず、ピアノは少し濁る感じです。

ARACAM rDAC+ガルネリメメント(WASAPI)になると、出だしの印象は
あまり変わりませんが、ボーカルがスッと前に出てくるようになって
聞きやすくなります。

LINN AKURATE DS/d +ガルネリメメント。ぐっと質感が高まり、ボーカルと
ピアノが上手く両立するようになり、響きがよくなります。全体的な
見通しがよく、そして明晰的に鳴ります。ここまでくると、結構良いのでは?
と思えます。

そして最後、TAD-D600+AVALON DIAMOND。
曲出だしのシンセからまるで桁違い。SP後方に音が展開したうえで、
スピーカの少し手前で効果音が下から上へ瑞々しく抜けていきます。
ボーカルの歌い出しを待つのではなく、曲の出だしから驚かせられる結果と
なりました。そして、歌い始めるとボーカル特有が持つ色っぽさ?が再現され、
全体を通してうっとりきける歌になりました。
2番目のバスドラムをイメージした音も締りよく制動が効いてて良いですね。

クラシックでもそうですが、機器によって聞ける聞けないという盤が
少なからずあります。私自身そういう事を何度も経験してきたため、
この盤が今の機器でだめでも、他の(上のモデル、あるいは系統が違う機器)で
再生したときはもっと良くなるかもという感じで眺めています。

アニソンは特に音数が多い事があるので、これをうまく捌けるシステムで
ないと、籠もってるとか、うるさいとか、コンプかけ過ぎとかいって
一蹴しがちになるだろうなぁと思っています。
このあたり、ボーカルの美しさはさておき、B&Wが得意とする分野なので、
受けているのかもしれません。

※本音でいえば、どの機種でも同じように鳴って欲しいと思うのですが、
 それが行かないのがオーディオの悲しい所ですね・・・。

hayate

|

« ルームチューニング材導入の前に | トップページ | by ato with speedo »

アニソン」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512162/54230478

この記事へのトラックバック一覧です: あの夏~sign、ビードロ模様~音質等々:

« ルームチューニング材導入の前に | トップページ | by ato with speedo »