« darTZeel NHB-108 model one 導入レビュー | トップページ | Jeff Rowland Criterion 試聴 概略レビュー »

2012年8月31日 (金)

リファレンスCDとしての鬼束ちひろ

こんばんは、hayateです。

とある方のブログを拝見していて、私も鬼束ちひろのCDをオーディオ
システムのリファレンスCDとして用いていたことを思い出しました。

オーディオを始めた頃でしょうか、7~8年近く前になると思います。

曲としては「眩暈」、「infection」が好きでして、彼女の歌声を
より美しく、より透き通らせて聴きたいという思いからシステムを模索
していました。

彼女の声は芯(中域)がどっしりしていてながら、どこか繊細で、
浮遊感のある声に魅力を感じていました。
そして何より曲調が好みで。(思い出補正も入っています・・・・)

そんな時に出会ったのがB&Wで700シリーズで、彼女にぴったりなメーカーだと
思い何度も試聴を重ねました。そしてより透明度の高い805へと道を
歩んでいました。

N805、805Sとシステムをグレードアップしていくうちに、もともと好きだった
クラシックが聞けることがわかり、クラシックも追求するようになりました。
その後、アニメが好きになり、アニソンも聴き、色々なCD(SACD)を良く聞くように
なり・・・

今のリファレンスは・・・クラシックがもっぱらかもしれません。
シベリウス、ベートーヴェン、ワーグナー。アニソンだと中島愛、坂本真綾。

初期の頃から比べると方向性がかなり異なっていることに気付きました。
そして、今のシステムで鬼束ちひろを聴くと、当時求めていた透明さが
無くなっていることに気付きました。そのかわり、より安定感のある声で、
聞き疲れしないシステムになっていました。
(よく言えば、ベールを剥いだような声です。)

時系列によって求めている音や基軸としている音が変化するのだなぁと
実感した一時でした。

雑記:
鬼束ちひろの曲は同じ曲でもシングル版とアルバム盤で音質が異なります。
infectionは特に顕著で、アタック音(ダイレクト感)がシングル盤の方が
優れています。試聴の際はいつもシングル盤を持っていきました。
初期のベストはたしか音割れがあって酷かった・・という記憶があります。

鬼束ちひろの声を聴いていて、システムにもうすこし瑞々しさが欲しいかもと
感じました。プリアンプの選考の一基準に入れたいと思います。

hayate

|

« darTZeel NHB-108 model one 導入レビュー | トップページ | Jeff Rowland Criterion 試聴 概略レビュー »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

私もinfectionなど鬼束ちひろさんの歌が好きでよく聴いてました。
丁度ここに書かれいるようにB&Wの704で聴いていたので懐かしいです。

CDで聴くのも良かったですが、ライブDVDはCDとは全く違い非常に感情のこもった歌い方で良かったなぁ。

投稿: りんくす | 2012年9月 3日 (月) 00時33分

りんくすさん、こんばんは。
お久しぶりです。

700シリーズは800シリーズと比べるとやや攻撃的な音質ですが、
彼女の叫びと上手く調和していた気がします。

ライブの方は傷心をはきだすような、全く別の歌い方なのが
印象的でした。

この記事を書く前後から鬼束ちひろのCDを最近取り出して
聞く機会が増えましたが、聞き手にも体力を要する曲が多いの
かも・・・と思うようになりました。

りんくすさんも鬼束ちひろがお好きなんですね。
好きな曲まで似ていて驚きで嬉しくなりました。

全然話は変わりますが、山中千尋さんが最近気になっています。
YouTubeで聞いたところ、ジャズなのに深みがあるピアノで、
軽やかな曲でも染み入ってきます。
今度アルバムを手に入れて、じっくり聞いてみようと思います。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: はやて | 2012年9月 8日 (土) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512162/55550910

この記事へのトラックバック一覧です: リファレンスCDとしての鬼束ちひろ:

« darTZeel NHB-108 model one 導入レビュー | トップページ | Jeff Rowland Criterion 試聴 概略レビュー »