« リファレンスCDとしての鬼束ちひろ | トップページ | darTZeel NHB-108 model oneによる変化の現れ »

2012年9月 1日 (土)

Jeff Rowland Criterion 試聴 概略レビュー

こんばんは、hayateです。
某所でCriterionを少し聴いてきました。候補の一つであるCorusを見据えて、
ほんの少し前まで君臨していたハイエンドプリアンプ「Criterion」
すなわち、 Jeff Rowlandの音(思想)を確認するためです。

AC電源モードのCriterionの音はCorusに近いという評判から、
まずはAC電源モードでの音を確認です。
左右のセパレーションが素晴しいです。一音一音がしっかり分離し、
かつしなやかな音で、試聴時のスピーカーは現在使用している
5分の1の価格帯でしたが、シンフォニーの鳴り方がとても広大でした。

このプリアンプ結構良いなぁ・・・。

今回の視聴では、バッテリー駆動とAC電源モードの違いを確かめる目的も
ありました。それは、ハイエンドクラスのとミドルクラスとの違いを知り、
今後の導入のヒントにしようと考えたからです。

AC電源モードで交響曲、ボーカル物、アニソンを一通り聴いてから、
バッテリー駆動に切替えながら確認。

端的に、バッテリー駆動に驚きました。

音の性質がまるで異なります。
交響曲では少しわかりにくいですが、ボーカル物が顕著です。音数の多い
アニソンでも分かります。

バッテリー駆動にすると、ボーカルの背後に広大なステージが、いや
無が現れ、それまでボーカルにまとわりついてた微弱なノイズが
全て払拭されます。(AC電源モードでノイジーとは感じませんが、
バッテリーモードになると音の純度が増していきます。)

スタティック・・・確かにそう表現できるかもしれません。
しかし、それは音楽性が無いのではなく、どこまでもノイズレスな歌い手に
魅了され、リスナーの時間感覚が麻痺してしまうような、
そんな不思議な現象からくるものだと感じました。

立体感には乏しいかもしれません。それはAC電源モードの方が優れています。
しかし、バッテリー駆動は立体感等というものは忘れて、ノイズレスで
極限まで"描写"される音楽に"見とれる"がゆえ、聴感上としては静的に
なってしまうのではと考えました。
音楽を聴いているのに、超高精細画を見てるような、視覚情報が多くなっている
ことに気付きました。

これがハイエンドプリアンプの実力・・・

送り出しはエソテリックの中堅モデルにも関わらず、TAD-D600では
認識できない音がそこでは出ていて、Criterionはソースの音を忠実に
拾いあげる事がわかりました。
(AC電源でもよく拾う為、Corusでも期待できそうです。)

水樹奈々さんのベスト(初版)を持っていって各曲イントロ~歌い出しを
鳴らしましたが、ここまで心地良い出だしは初めてです。
今までインターナショナルオーディオショーでJeff Rowlandを幾度も
聴いてましたが、改めて聴くとかなり好みにあっていることに気付きました。

あと、今更知りましたが、Criterionのバッテリーって汎用の単一型
バッテリーなんですね。バッテリー交換の度に商社に送って交換と
思っていましたが、自分で交換も可能なようで。(しかもかなり安価!)
こうなるとメンテナンス性も良いですね。

ムンドのプリ(Mimesis 27.5等)も綺麗な透明感で魅力的ですが、
Jeff Rowlandの心地良さも代え難いなぁと思った日でした。

hayate

|

« リファレンスCDとしての鬼束ちひろ | トップページ | darTZeel NHB-108 model oneによる変化の現れ »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512162/55556311

この記事へのトラックバック一覧です: Jeff Rowland Criterion 試聴 概略レビュー:

« リファレンスCDとしての鬼束ちひろ | トップページ | darTZeel NHB-108 model oneによる変化の現れ »