« - Jeff Rowland 「Criterion」導入記 - | トップページ | ARCAM rDACのセンスの良さ »

2012年9月29日 (土)

TAD D600とCriterionの進化

こんばんは、hayateです。

秋らしくなり、静寂の増したこの季節、
オーディオに相応しい時季となりました。

さてタイトルの件ですが、Criterionの導入後、音が更なる進化を
遂げました。

前回、TAD D600~Criterion間の接続は、アンバランスが好ましいと
書きましたが、あれからバランスでの鳴らし方も試行錯誤しておりました。

きっかけは、アンバランス接続で音量を上げた際、ボーカルの
声が飽和してしまうような感覚を覚えたことです。

アンバランス接続の場合、スピーカー間の少し手前側に歌い手が
定位します。そのため、音を上げると、歌い手とリスナーの距離が
近づきすぎてしまい、少し拒否感を覚えるのです。

小音量では音が痩せず、しっかりとした音を出してくれる点は
有用ですが、大音量にした場合に飽和感が否めず、どうにか
ならないものかと考えました。

試しに、バランス接続にしてみると、ボーカルの定位がスーッと奥深くに
位置していることに気づき、音量を上げても飽和感が全くありません。
なんだこれは!と驚き、それからバランス接続での再生を開始。

TAD D600~Criterionの間をバランスで接続するのは初めてだったため、
回路のエージング不足もあったのでしょうか、それ以降次第に
音質が向上してきました。特にTADは使い始め時と同じように、
バランス回路でも低域は最初から良く鳴りますが、
中域高域は初期においては貧弱でした。しかし、段々と中域高域と充実
してきました。

端的に、バランスで接続すると、アンバランスでの接続音と比較に
ならないほど空間が広がり、そして音が三次元的に展開されます。

空間が広がったことで、楽曲、歌い手の間に十分な距離が生まれ、
そこから各々が発する音が流麗に響きわたるようになり、さらに
空間上でそれらが美しく融和するという演出を始めたのです。

遠くから響き渡る音をたっぷり、たっぷりと堪能し、堪能した後は
各々の響きが融合する光景に完膚無きまでに心酔してしまいます。

今まで録音スタジオで聞いているような感覚が、一変。
大ホールで聞いているかのような、鳴り方へと変貌し、
アニソン、クラシック、ジャズ全てにおいてうっとりするような
美しさを伴った再生音になりました。

ソナスの艶やかさのような、あの特定の帯域を艶めかしくするのとは
異なり、このAVALONシステムは楽器、声自体が持つ響きの良さを
存分に引き出します。あくまでも自然に、しかし堂々としたスケール感で。

弟にこのシステムを聞いて貰ったところ、J-popもまるでクラシックの
ように音が綺麗で、これまで聞いた事の無い音と述べ、
驚きを顕わにしていました。

バランス接続での空間の広がりは、かつて無い経験で、それが
バッテリーモードとなると空気感がガラリと変わります。

無音から鋭く音が立ち上がり、その響きがより精密に、より美しく。。。

Criterionを導入して本当に良かった、曲をかける度にそう思えます。
この秋は、Criterionで実現したAVALONシステムを堪能できそうです。

hayate

|

« - Jeff Rowland 「Criterion」導入記 - | トップページ | ARCAM rDACのセンスの良さ »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512162/55776501

この記事へのトラックバック一覧です: TAD D600とCriterionの進化:

« - Jeff Rowland 「Criterion」導入記 - | トップページ | ARCAM rDACのセンスの良さ »