カテゴリー「服」の4件の投稿

2012年3月20日 (火)

-オーディオ、服、アニメ- 成年へ

上記3点は、私自身の趣味の主軸である。
そして趣味というものについて考えるとき、2人の言葉を思い出す。

数量がいかに豊かでも、整理がついていなければ蔵書の効用はおぼ
 
つかなく、数量は乏しくても整理の完璧な蔵書であればすぐれた効果
 をおさめるが、知識の場合も事情はまったく同様である。

 いかに多量にかき集めても、自分で考え抜いた知識はでなければ
 その価値は疑問で、量は断然見劣りしても、いくども考え抜いた
 知識であれば、その価値ははるかに高い。

 何か一つのことを知り、一つの真理をものにするといっても、それを
 他のさまざまな知識や真理と結合し比較する必要があり、この手続き
 を経て初めて、自分自身の知識が完全な意味で獲得され、その知識を
 自由に駆使することができるからである。

 ショウペンハウエル『読書について』-思索- 岩波文庫1960年

啓蒙とは、人間が自分の未成年状態から抜けることである。~省略~
 未成年状態とは、他の指導がなければ自分自身の悟性を使用し得ない
 状態である。
 
 ところでかかる未成年状態にとどまっているのは彼自身に責めがある。
 というのは、この状態にある原因は、悟性が欠けているためでなくて、
 むしろ他人の指導がなくても自分自身の悟性を敢えて使用しようとする
 決意と勇気とを欠くところにあるからである。

 それだから「敢えて賢かれ!」「自分自身の悟性を使用する勇気をもて!」
 ―これがすなわち啓蒙の標語である。

 カント『啓蒙とは何か』岩波文庫1950年

入門時は指南を受ける必要があるとしても、ある程度経験を重ねてくると、
他者を気にすることなく自身の好みを断言しても良い。

私的な、趣味という領域において、自身のセンスと経験をかけて
全身全霊で挑むことは、その人自身にしかできない唯一の行動である。

せめて趣味という領域だけでも、そのような態度・行動でありたいものです。

hayate

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

by ato with speedo

今日は連続です。

先日のファッションブランドのatoですが、
speedoとコラボした服が今週末から青山本店で出されるようです。

ファッション×競技用という解は、着心地を含めて実際どうなのか
結構気になります。

当日は予定があるので、居ても1時間程度ですが、
行ってみようかなぁ・・・。

hayate

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

ato - 松本与 -

こんばんは、hayateです。またまた服ネタです。

先日のブログコメントで松本与氏が手がける「ato」というブランドを
ご紹介頂きました。

元々、松本与氏が関与しているTHE TWELVEを気に入っていたので、
早速 ato aoyama(アトウ 青山)に行ってきました。

久々の青山ということで、歩いている人を見ると、
ファッションセンスが地元とは桁違い。良い意味で刺激を受けました。

それから、青山のショップに行き、上から下まで各種試着させてもらいました。
フォルムが洗練されていてなんとも美しいですね。
そして、立体的なデザインに拘ったせいか、とても動き易いことにも驚きました。

例えば、下記のようなジーンズでも、緩やかで、着ている感覚が無いです。
Zamaep14_00_3 
シームレスダーツデニム(AMAE-P14)
http://store.ato.jp/pc/item/detail.cgi?itemCd=AMAE-P14&itemClcd=00

太さ的には、THE TWELVEの方が細く、私の体格的には、
atoは少しゆったりした印象を受けました。

しかし、体のラインが綺麗に出て、且つリラックスした気分で着られるので、
大人のオフにはかなり使える服だと感じました。

各種試着した中で、特に体にフィットして、シルエットが綺麗な品があったので、
1着購入しました。(IYHしてしまいましたorz)

Am12ab03_1 Am12ab03_2
↑オックスフォードブルゾン(AM12A-B03)

Wbl0625_1 Wbl0625_2
↑(参考) 今現在、私服で主に使用しているTHE TWELVEのコート

実際にatoへ行った感想ですが、THE TWELVE、ato双方良いですね。
優劣では無く、好みと用途で使い分ける・組合わせるのが好ましいと思いました。

ただ一つ言えるのは、素晴しいと思える服の選択肢が広がったことです。
atoスキー様ありがとうございましたorz

以下、個人的に好きなato氏のデザイン。
一言で「美」を感じます。私が女性であったら、
間違いなくこれらを選択するでしょう。

Af12ao01_3
Af12ao02_2
Af12ac01_3

アニメにも出てきそうな、パーフェクトなフォルム。
一番下の白っぽいベージュのコートは、ストライクウィッチーズでも
着用されそうな感じがします。
洗練された服は、見ているだけで、ワクワクしてきますね。

人々が理想とする世界を、実際にこのように実現できる事に感動です。

ますます松本与氏のファンになりました。
これからはシーズン毎に作品をチェックしたいと思います。

hayate

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

THE TWELVE

今回はオーディオでは無く、服のお話。

THE TWELVEというブランドの服がある。
これを私は非常によく好んでいる。

価格的にはBURBERRY BLACK LABELより僅かに高いという
位置づけである。これを安いと見るか、高いと見るかは、
ファッションの経歴とそれを重要視するかで異なるだろう。

さてここの服、何が一番優れているかというと、
シルエットが素晴しく美しいのである。

全体的にタイトな作りで、着る人を選ぶかもしれないが、
人間が理想とする体型の1つを象ったような作りとなっている。
(コードギアスのキャラのシルエットに近いだろうか)

約2年前、私が初めてここのパンツとブルゾンを羽織った時の
そのシルエットは、人間の姿にはこのような可能性があったのだという
発見とそれを身にまとう喜びを感じさせてくれた。

それ以来、服を着ることへの喜びと、そのタイトな服を
着続けるための体型維持(暴飲暴食の禁止、適度な食事量と運動)を
心がけるようにした。

シルエットに徹底的にこだわるせいか、ここのブランドは無駄な装飾が無く、
その上、服にブランド名を全く出さない。
これはバーバリーやドルガバ、DIESEL等のようにそのブランドの価値を
まず第一にして作られた服ではなく、プロポーションだけを追求した服である。
(なお、素材・裁縫はしっかりしていて、国産性。実用性にも優れている。)

どこどこのブランドだから、高いから、と言うのではなく、この服は
純粋に着る喜びと楽しみ、そして一着一着を大切にしたい感じさせてくれる。

中学生の頃から丸井等に行き、その後原宿、渋谷、代官山等の服を試してきたが、
ようやく衣服の本当の楽しみを初めて知った。

理想に近づける服、近づきたいと思わせてくれる服に出会うのは
なかなか希なのかもしれない。
そんな事をふと思いながら、そういう服に巡り会えた幸運を感じた。

hayate

| | コメント (8) | トラックバック (0)