« B&W 805マセラティ・エディション 試聴 -鮮烈な音- | トップページ | Jeff Rowland Model 925 試聴 »

2014年8月31日 (日)

分解能のリファレンスCD -橋本みゆき-

こんにちは、hayateです。
以前、リファレンスCDとして坂本真綾の少年アリスを挙げましたが、
もう一つ面白いリファレンスCDを持っています。

それは橋本みゆきの「Brilliant Moment」です。
Brilliant_moment

このCDはグレードの低いシステムで聞くと歌声、楽器や打ち込み系音が混沌として
音場が狭く、歌声以外何が何だか分からないという音質になっています。
特に「君が主で執事が俺で」のOPがその傾向にあります。

しかし、システムのグレードを上げると(分解能をあげると)それが各々が
スッキリ広がるようになり、空間を美しく漂うになります。

そしてさらにグレードをあげると曲全体の荒々しさがだいぶ少なくなり、
歌声に艶感が現れてくるという具合になります。

このCDのポテンシャルの凄さ(空間の広がり)に気付いたのは、
ゴールドムンドのDACを通して聞いたときで、さらにTAD D600で
表現の面白さと歌声の質感に気付きました。

現在はJeff Rowland CorusとAVALON Diamondでその歌声の艶感に
魅了されています。

分解能が高いシステムで聞かないとあまりにしょぼい音が出てくるため、
恥ずかしくてあまりお店でかけられないのですが、真剣に分解能の
テストをしたいときは持ち込んで聞かせてもらっています。
(そしてなかなか満足行く鳴り方がしないのが現状です。)

しかし、鳴らしきると現代エフェクトの素晴らしさを堪能できるでしょう。

分解能テスト用CDとして一枚いかがでしょうか?

hayate

« B&W 805マセラティ・エディション 試聴 -鮮烈な音- | トップページ | Jeff Rowland Model 925 試聴 »

アニソン」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

hayateさんはじめまして、トーノと申します。
以前からhayateさんのブログは拝見しておりました。

仰るとおり橋本みゆきに限らずランティスのCDはコンプがバリバリ掛かってるんで、
分解能がないシステムだと音が飽和してわけわからなくなります。
でも一音一音は何気に綺麗に録れてるんで、きっちり鳴らし分けられる
システムだと案外聴けたりするんですよね。
同じBrilliant Momentだと、Star☆Dropsなんかはいいシステムだと結構聴き応え出ますね!

トーノ様

はじめまして、hayateです。
拙ブログを頂きありがとうございます。

コンプのかけすぎでわけの分からないアニソンって
とても多いですよね。
とくに最近多くなってきている気がします。
それをどううまく鳴らすかというのもアニソンオーディオの
一つの命題かと感じております。

Star☆Dropはしっとり歌いあげて聞かせてくれますよね。
このアルバムはアップテンポだったりせつなさ(例:natural tone)だったり
色々収録されていてアルバムとして良い出来だと思います。

コメントありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

hayate

こんばんは、hayateさん。

記事、続投ですね~
読んでいて楽しい記事や共感できる内容など様々あり、読ませて頂いております。

コンポーネントだけではなく、再生する音楽ソースも大切ですね。
試聴で聴く曲や自宅でのんびり聴きたい曲など色々ありますが、気に入っている音楽に限って録音が悪かったり公衆の面前で再生するには恥ずかしすぎる歌詞だったりと、アニソン好きにはアニソン好きの悩みがあるのだと思います。
それでも再生せねばならないときには、周りに配慮して再生させてもらうことは、やはりあります。

同じアニソン好きでもhayateさんの聴かれる音楽と私がいつも聴いているアニソンではまた違った曲でしょうし、聴き方もまた違うのだと思います。
こうやってblogで紹介される音楽CDをhayateさん所有のコンポーネントで再生したらどのような音で演奏されるのか、記事を拝読し、想像するだけでも少し楽しい時間が過ごせます。
オーディオ雑誌など読むときでも、やはり想像しながら記事読むと楽しいですものね。

それでは。

蟹様

いつもいつもご覧頂きありがとうございます。

好きな音楽を聞けてこそのコンポーネントですよね。
試聴時には少々肩身が狭い時もありますが、予約試聴の
場合にはガンガンとアニソンを持ち込んだりします。
KOTOKO等の電波ソングみたいなものも好んで試聴します。

仰る通り、おそらく蟹様と私とで同じ曲を再生しても違った感じ
に演奏されるのでしょうね。どこにポイントを置くかによって
コンポーネントの選択やセッティングも変ってくると思います。

私の現在のシステムですと、とにかく高域が柔らかく、女性ボーカルが
しなやかな音作りになっております。Jeffのプリアンプで艶やかさも
加わったという感じでしょうか。B&W等と比べるとアタック感が弱いですが
個人的にはそこまでのアタック感は求めてないので、不満無しといった所です。

ご覧になって少しでも心地良い時間をご提供できるのであれば幸いです。
コメントありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

hayate

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512162/60238645

この記事へのトラックバック一覧です: 分解能のリファレンスCD -橋本みゆき-:

« B&W 805マセラティ・エディション 試聴 -鮮烈な音- | トップページ | Jeff Rowland Model 925 試聴 »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ