« 分解能のリファレンスCD -橋本みゆき- | トップページ | オーディオによる感動とは »

2014年9月 6日 (土)

Jeff Rowland Model 925 試聴

-どこまでも澄んだ音と力強さ-

Modl925

こんにちは、hayateです。

Jeff Rowland Model 925を試聴しましたので、
簡単ですがレポートしたいと思います。

このアンプは左右のアンプ、左右の電源部という具合に
4つの筐体で構成されています。
その重さ、73kg。この超弩級の筐体から繰り出される音は、
とてもとても空間が広いです。
部屋自体を拡張したのかと錯覚するかのようです。

定位は後方定位で奥へ奥へとリスナーを導きます。

音色は最近のJeffらしくクールな音。ただしクール一辺倒ではなく、
ボーカルには少しの温かみもありました。

特筆すべきはエネルギッシュなパワー。

高域はやさしいのですが、低域は非常に力強いです。
そして押し出しも強いです。

接続していたスピーカーはAVALON DIAMOMD、
プリアンプはCorusだったのですが、低域をうまく
コントロールできず、ひどく暴れる場面もありました。
(とくにベース音とバスドラが暴れました)

この低域をうまく制動するには、より上位のプリアンプを必要と
すると考えます。

懐の広いCriterionならもしかすると・・・うーんどうでしょう。

このアンプはAVALON DIAMONではなくISISと組み合わせると
丁度良いかもしれません。より立体的な音像を楽しめると思います。

hayate

« 分解能のリファレンスCD -橋本みゆき- | トップページ | オーディオによる感動とは »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512162/60268937

この記事へのトラックバック一覧です: Jeff Rowland Model 925 試聴:

« 分解能のリファレンスCD -橋本みゆき- | トップページ | オーディオによる感動とは »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ