« アニソン再生の指標 | トップページ

2014年12月19日 (金)

ULTRASONE edition8

ハイエンドヘッドフォンというのも良いですね。

20141219_ultrasone_edition8

こんばんは、hayateです。

ULTRASONE edition8導入しました。

環境は携帯プレイヤーNW-ZX1の直刺しという簡素なスタイルですが、
一音一音キリリと聞こえてきて、収録されている音を全て描き出すような感覚です。

スピーカーのような音場感は無いですが、ボリュームを好きなだけ上げられて
脳内へ直接歌われるようで気持ち良いですね。

特にこのULTRASONE edition8は高域が鮮やかで美しいです。

昨今ヘッドフォンブームの理由がわかりました。良いですね、ヘッドフォン。
この世界にも魅了されそうです。

今日はこの辺で。

hayate

« アニソン再生の指標 | トップページ

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、hayateさん。

先日はありがとうございました。

さて、ヘッドホンネタですね。
実は私は全く知識がありません(^^ゞ
昨今はハイレゾやポータブルも活気づいているようで、その手のイベントも大賑わいの様子ですね。
11月に大阪で開催されたハイエンドオーディオショウにもヘッドホンブースが設けられ、ハイレゾ音楽を楽しめるようになっていました。

ヘッドホンは周囲の音にあまり左右されることが無いように感じられるので、細かなところまで聞き分けることができそうですね。また、仕事が遅くなって夜遅くに音楽を楽しみたいなどの用途を考えると、音楽に触れる時間が増える可能性も秘めていますね。
音楽の楽しみ方は様々ですが、時間や場所を選ばす音楽に浸れる時間を提供してくれるヘッドホンは素晴らしいのかもしれませんね。
それでは。

蟹様

こんばんは、hayateです。

こちらこそ先日はありがとうございました。

仰る通り、ヘッドフォンは細かな音までしっかりと聞き取れますね。
そして音楽にすぐ集中することができます。でかいオーディオシステムだと
気分が乗らないと聴くのを躊躇うなんてことがありますが、
ヘッドフォンでは自分の中に入っていくことができます。

どこかの文献でスピーカーは開放感を、ヘッドフォンは集中感を味わうことができると
読んだことがあります。

今回購入したヘッドフォンはアニソンにぴったりで正解でした。繊細なのに力強くて
ノリノリで聞けます。
逆にクラシックのフルオーケストラには空間が足らずであまり合わない感じでした。

STAXになってくるとオーケストラも聴けると思うのですが。。。

時間・場所を問わず一定のクオリティを提供してくれるヘッドフォン・イヤホンの
存在はありがたいですね。

今後は使い分けしていこうと思います。

コメントありがとうございました。

hayate

hayateさん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

それでは。

蟹様

こんばんは、hayateです。
新年のご挨拶ありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512162/60835369

この記事へのトラックバック一覧です: ULTRASONE edition8:

« アニソン再生の指標 | トップページ

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ